おだんかブログ 福圓寺おだんかのブログ

火曜日, 10月 10, 2006

父母13回忌を終えて H.K

日増しに秋の気配が深まり、山の頂がくっきりと見えるようになって来ました。先日、父母の13回忌の法要を無事終了しました。近所の身内ばかりの法要でしたが、本当にいい法事だったとおもいます。おしどり夫婦でしたので、父が亡くなって丁度三七日(21日目)の日に母も連れ立っていってしまいました。方丈さまの読経中、目を閉じ念仏していると父母の顔が浮かんできました。ご法話を聞いて大部分の人が涙していました。お参りして頂いた人たちも父母を思い出してくれたことと思います。父母も、お浄土より立派に成長した孫や、曾孫たちの姿を目を細めてみていてくださると思います。合掌

1 Comments:

住職 said...

貴家ご両親様ご法事の折はお世話になりました。光陰矢のごとしと申しますが、あっという間の13年でした。慈母観音様の尊像が台座の上に建立された日にお父上が亡くなられ、その3週間後の観音様入佛開眼供養の前日に母上が逝去されたことが昨日のように思い出されます。あれから13回目の秋を迎え、貴家ご一同様、お念仏の中に 益々如来様のご慈光を頂きますように!合掌

7:29 午後  

コメントを投稿

<< 元のページへ戻る

最初へ